10万円給付で夫婦喧嘩?旦那の口座にまとめて振込でもらえないと不満の声!

10万円給付・定額給付金

10万円給付の夫婦喧嘩で小遣いを旦那に渡す?モラハラ旦那の口座の対処法

「10万円給付の夫婦喧嘩で小遣いを旦那に渡す?モラハラ旦那の口座の対処法」と題してお届けします。

10万円給付(特別定額給付金)が決まりましたが、この決定で夫婦喧嘩が勃発しているという話が話題になっています。

この特別定額給付金(仮称)は、1人あたり一律10万円給付になります。

4月27日時点において住民記録されている人が対象で、世帯の世帯主が申請者となり、まとめて旦那の口座に振り込まれるそうです。

旦那の口座にまとめて振り込まれることによって、モラハラ旦那にとられるし小遣いにされてしまって、私はもらえない!と困っている方たちの不満の声が上がっています。

特別定額給付金の使い方についての考え方が違ったり、まとめて振込のため、私の分はもらえないまま使われてしまうんじゃないかと、夫婦喧嘩になる場合もあります。

奥さんが口座を管理していたとしても、モラハラ夫に押し切られて「旦那に渡す」という選択を渋々しないといけないのか。。

また、国内の単身赴任で旦那の口座を旦那さん本人が管理している場合は、そのまま旦那に取られるのでは、小遣いにされてしまうのではという不安を抱えた人が沢山います。

旦那さんの口座にまとめて振込になることで夫婦喧嘩になった例や、喧嘩になったら旦那に渡すしかないのか、という方の不満の声や対処法を調査していきたいと思います!

 

10万円給付が旦那の口座入金で夫婦喧嘩勃発?

10万円の給付が決まりましたが、子供のいる世帯では、家族まとめて申請する方が手続きが一回でいいので助かるという考えになると思います。

しかし、その10万円の給付を新型コロナの影響で大変になった家計に使いたいと考えている時、旦那さんが自分のために使おうと考えていると、喧嘩になってしまうこともあるようです。

また、夫婦共働きの家では、家計も財布も別々の場合があるでしょう。

外出自粛やテレワークが重なり、夫婦が向き合う時間も多くなっていると思いますが、給付の使い方についても意見が違って喧嘩に発展してしまうことも出てきているようです。

 

夫婦喧嘩で悩み中の声!

ツイッターでも、夫婦喧嘩になりそうだったり、喧嘩したという声が上がっています。

貯蓄に回すという意見と、経済を回すという意見で喧嘩勃発

10万円給付のことで、朝から夫婦喧嘩。疲れます。。

コロナでストレス溜まっている所に、現金給付の使い道で夫婦喧嘩。

新型コロナの感染の不安や、外出自粛のストレスなど色々積み重なったところに、現金給付の使い道で意見が違ってくると喧嘩に発展してしまうのですね。

しかし、ただの意見の食い違いだけでなく、10万円給付の大きな問題点として取り上げられているのが、世帯主の口座にまとめて振り込まれる方式をとっているということなんです。

 

10万円給付で小遣いを旦那に渡すべき?


10万円の使い道で意見が分かれ、喧嘩になる家庭もありますが、その10万円がまとめて振込になることで、さらに不満も声もあがっています。

世帯主の口座にまとめて振込ということで、振り込まれた後に旦那からもらえないということです。

1人ずつ給付されてもまとめて振込ということで、言わないともらえない人は旦那に言うだけでストレスになっていまう人や、そもそももらえる様子がない人もいます。

給付金が世帯主に一括で振り込まれるということになり、心配になっている人もいるようです。

旦那に私も欲しいと言えばくれると思うけど、ものすごく言いにくいな・・・

ケチだし単身赴任だし、私ももらえるのか不安です

普段から生活費もらってるだけだから、今回の給付も私には入らないかも

離れて暮らしてる最中なんだけど、私に渡してくれるのかしら

個人への給付といっても、世帯主へまとめて振込ということで、旦那さんからお金をもらえないかもしれないという人もいます。

当たり前に家庭で使う場合もありますが、なかなかそうはいかない家庭も多いようで、大変ですよね。

 

10万円給付でモラハラ旦那の口座の対処法は?

10万円給付ですが、一緒に暮らしている場合や、旦那が国内で単身赴任に行っている場合、「まとまった支出額を見せる」という方法があります。

固定資産税に限らず、支出が苦しい部分を旦那へ視覚的に見せることで定額給付金を家計へ回すという手法です。

  • 固定資産税の納税通知書を渡す
  • 住宅ローンの明細を見せて金利の高さを教え、繰り上げ返済をうながす
  • コロナで家計の負担が増えた光熱費や在宅ワークなどで購入した明細を家計簿で見せる
  • 子供の休校による食費の圧迫状況を家計簿で見せる

この他にも家計に突発的に出る支出や、度重なる支出のわかる請求書や明細や家計簿やレシートを見せることで「小遣いにできる」と考える旦那は減る傾向にあります。

また、モラハラなどの理由で、生計を別にしている人の場合の給付はどうなるのか確認してみました。

まとめて振り込みということになると、モラハラなどの理由で別に居住している場合、本人給付にも関わらず、もらうことが出来ない状況になるのではないかとの心配があります。

総務省のHPで確認してみると、保護命令が出されている、などの一定の要件を満たしている場合、申出者が居住する市区町村から支給してもらうことができるようです。

世帯主が申請する前に手続きを行ったほうが良いようなので、必要な場合は、一定の条件や申請の方法など、早めに確認しておくといいと思います。

 

問い合わせ先や相談窓口は?

世帯分離をして入金口座を分けるという方法が話題になりましたが、すでに規準日を過ぎてしまったので、今からだと難しい可能性があります。

新型コロナの影響で家庭内でも問題が発生していることが多いようで、内閣府では4月20日から、24時間相談+をスタートしています。

電話 9:00~21:00(4/29から24時間受付)

メールでも相談できるようなので、内閣府のHPを確認してみるとよいと思います。

内閣府:https://soudanplus.jp/

その他、特別定額給付金(仮称)に関する相談のコールセンターも設置されています。

【コールセンターの概要】

連絡先  03-5638-5855

応対時間 9:00~18:30(土、日、祝日を除く)

総務省出典:https://www.soumu.go.jp/menu_seisaku/gyoumukanri_sonota/covid-19/kyufukin.html

初めての特別給付ということで、コールセンターも混み合うとは思いますが、自分できちんと給付を受けるため、きちんと相談しておくと安心ですね。

10万円給付は別居中だと別々に振り込みされる?子供の分はどうなるのか

 

まとめ

今回10万円給付が決まりましたが、それが原因で残念なことに、夫婦喧嘩も起こっています。

旦那さんの口座にまとめて振込されることによって不満の声も沢山あることがわかりましたね!

新型コロナの影響で色々ストレスが溜まっている中、10万円給付はありがたいのですが、使い道のことで揉めている家庭も多いのですね。

家計に使うか貯金に使うか、自分のために使うかで意見が分かれ喧嘩になってしまうようです。

それだけではなく、旦那さんの口座にまとめて振込になることで、旦那さんからお金をもらえない可能性があるという不満の声もたくさんありましたね。

その中でもモラハラの場合などは、まとめて振込だと、さらに困ってしまうようです。

モラハラなどを理由に別に住んでいる場合、一定の条件があれば、別に給付を受けることが出来るとわかりました。

世帯主が給付の申請をする前に手続きをしておくようなので、必要な方は早めに確認しておくといいですね。

その他、夫婦喧嘩でつらい時には、新型コロナの影響により24時間相談できる窓口があったり、特別定額給付金(仮称)についてのコールセンターも設置されたようですので、こちらも必要に応じて相談していくといいでしょう。

10万円給付の申請開始日は?マイナンバーカードない人オンライン申請間に合う?

-10万円給付・定額給付金

© 2020 動画ジャパン Powered by AFFINGER5