悩み解決!あなたに喜ばれる最新の役立つ情報を

エンタメジャパン

新幹線

年末年始新幹線2019-2020を安い値段で予約するには?JR東日本えきねっと割引がおすすめ?

投稿日:

今年も、新幹線の予約が混み合うシーズンがやって来ました。

安い値段で予約する方法やツアーなど様々ある新幹線ですが、割引プランなどはもう調べましたか?

「年末年始は格安チケットが使えない」と金券ショップで言われてしまった!と困っている方もいるはず。

まだ決まっていない、迷っている、そんな時にぜひチェックしてほしいのが、JR東日本のえきねっとです。

できるだけ安い値段でチケットを探したいけど、座席も調べなきゃいけない…結局座席の空きをリアルタイムで確認できるのはJR東日本の公式なサイトですよね。

えきねっとならその時に予約可能な割引チケットで、座席の空き状況を見ながら申し込めます。

そんな便利なえきねっとからおすすめプランを3つご紹介しますので、年末年始の帰省や旅行の予定がある方はすぐにチェックしてみてください!

 

年末年始新幹線2019-20を安い値段で予約するには?指定席と自由席料金を解説

そもそも、新幹線の料金とはどのような仕組みになっているのでしょうか。

新幹線の切符の値段は「運賃」+「新幹線特急券」の総額です。

運賃とは乗車券の価格の事で、普通の切符を買う時に払っているお金と同じ意味です。

そこに新幹線の特急料金、つまり速さやサービスへの対価を足したものが新幹線料金となります。

サービスのひとつが座席です。

新幹線の座席には、指定席と自由席があり、指定席とは座る席が決められているので確実に座れる席、自由席は座る席が決められていないので混雑状況によっては座れない場合もあります。

指定席に乗る場合は「指定席特急券」、自由席に乗る場合は「自由席特急券」が必要となり、それぞれ料金が異なります。

この料金の差額は標準で530円ですが、シーズンや列車によって330円~1370円と変わります。

高くなるのが繁忙期と言われる時期で、年末年始もこの時期にかかってしまうんです。

 

年末年始の新幹線は値上がりする?指定席の繁忙期割増料金とは

新幹線の指定席特急料金は、シーズンによって「通常期」「繁忙期」「閑散期」の3つの値段に分かれます。

「通常期」は繁忙期、閑散期以外の時期の事で、指定席特急料金は定価です。

「繁忙期」とは長期休暇やゴールデンウィーク、年末年始もこちらにあたり、定価の200円増しとなります。

「閑散期」は1月後半~2月など主に繁忙期の前後の月で、定価の200円引きです。

ただし、複数の新幹線に乗り継ぐ場合など一部に例外もあります。

シーズンによる差額が適用されるのは指定席のみで、自由席には適用されないと言う特徴があります。

この差額が大きく影響するのが、回数券や金券ショップで販売されている安売りチケットを使いたい場合です。

 

年末年始に回数券や安売りチケットは使用できる?

新幹線には格安で乗るいろいろな方法があるのはご存知でしょうか?

代表的な方法としては、新幹線回数券があります。

一般的に6枚セットで販売されており、途中下車ができない事や他の割引と併用できない事、有効期限付きである事などに注意すれば、家族での利用や同じ行き先へ何度も出張する場合などにお得です。

金券ショップでチケットを購入する方法もあります。

金券ショップでは元々お得な回数券がばら売りされている事が多く、その分値段が格安になっているんです。

格安で乗る方法には他にも様々ありますが、それぞれ利用条件などのルールが設けられています。

では、JRの新幹線回数券の規定を確認してみましょう。

【利用条件】

● ご利用期間:通年
※ ただし、4月27日~5月6日、8月10日~19日、12月28日~翌年1月6日はご利用になれません。

このように、JRが回数券を利用できない期間を定めています。

金券ショップで販売されている格安チケットは、その多くが回数券をばら売りしたものだとご説明しました。

回数券が使えない=金券ショップの格安チケットは使えないと言う事なんです。

では、こう言った「通常は使える格安で電車に乗る方法」が使えない期間に、新幹線に安く乗る方法はないのでしょうか?

 

年末年始のJR東日本えきねっと割引切符で指定席チケットが格安に!

指定席チケットを格安で購入できる、JR東日本のえきねっとはご存知でしょうか?

全国の新幹線やJR特急列車の指定席きっぷがネットで予約できる便利でお得なこのサービスには、いくつか特徴があります。

・窓口より早く受付が開始される

・ネットで予約をしたら、指定席券売機で受け取るだけ

・チケットレスサービスを利用すれば受け取り不要でさらに割引

・たまったポイントはSuicaにチャージできる

会員登録さえすれば、とても簡単にチケットの予約ができます。

手元にクレジットカードを用意したら、パソコン、携帯電話、スマートフォンからえきねっとホームページにアクセス。

必要なものはメールアドレスとカード情報だけと言う手軽さで、登録が済めばそのまま予約ができるんです。

現在申し込みができる列車が一発で分かり、乗り換えや料金を調べると同時に、空席状況を見ながら申し込む事ができます。

さらにチケットの受け取り前ならサイトで変更したり、払い戻しができるのも嬉しいポイントです。

ツアー会社のパックなどでは、こうは行きませんよね。

そして何より、えきねっとだけのお得な割引システムがあるんです。

割引率が高い順に3つご紹介します。

 

年末の新幹線料金が早割半額の指定席チケットとは?

回数券を使った割引が利用できない年末ですが、えきねっとでは格安でチケットを購入する方法があります。

そのひとつが「お先にトクだ値スペシャル(乗車券つき)」です。

乗車日20日前までの予約で、えきねっと会員限定、列車・席数・区間限定、インターネットでのみ予約ができる特別チケット。

その運賃・料金の割引率はなんと約50%!

半額とは驚きですよね。

例えば「山形新幹線 つばさ」で東京・上野・大宮発、山形行きの新幹線に乗りたい場合、通常は運賃+指定席で11,010~11,550円かかります。

それが「お先にトクだ値スペシャル」で予約した場合、比較するとどうなるでしょうか。

出発地点 東京発 上野発 大宮発
通常 11,550円 11,340円 11,010円
お先にトクだ値スペシャル 5,930円 5,830円 5,670円

その差額は5,120円以上!

ただしお先にトクだ値スペシャルで予約する場合、通常のチケットに比べて制限がありますので、申し込み前に必ずチェックしてください。

上記つばさのチケットが予約できるのは2019年12月18日(水)~2020年1月15日(水)乗車分、ただし2019年12月28日(土)~2020年1月5日(日)を除くと言う期間制限が設定されています。

旅行や帰省の日程が当てはまれば、とてもお得なチケットがお先にトクだ値スぺシャルです。

お先にトクだ値スペシャル(乗車券つき)

乗車日1ヶ月前の午前10時00分から乗車日20日前の午前1時40分まで

他にも細かな注意点がえきねっとホームページに記載されていますので、予約の際にチェックしましょう。

 

年末年始新幹線料金が早割30-35%指定席チケットは13日前予約まで

次にご紹介するのは、えきねっと限定の割引チケットのひとつ「お先にトクだ値」です。

こちらは乗車日13日前までの予約で、割引率は30~35%となっています。

例えば「東北・北海道新幹線 はやぶさ」で東京・上野・大宮発、新函館北斗行きの新幹線に乗りたい場合、通常は運賃+指定席で22,470~23,430円かかります。

それが「お先にトクだ値」で予約した場合、比較するとどうなるでしょうか。

出発地点 東京発 上野発 大宮発
通常 23,430円 32,220円 22,470円
お先にトクだ値 17,710円 17,560円 17,000円

その差額は5,470円以上!

予約する場合に最も気を付けなければいけないのが、「お先にトクだ値」の設定がない期間です。

えきねっとホームページによると、下記のとおりです。

お先にトクだ値(乗車券付き)

乗車日1ヶ月前の午前10時00分から乗車日13日前の午前1時40分まで

※ただし2019年12月28日(土)~12月31日(火)の「下り」列車 /2020年1月2日(木)~1月5日(日)の「上り」列車は不可

下り、上りそれぞれの期間外で予定を組む事ができれば、とてもお得なプランになっています。

さらに最大6名まで申し込み可能と言う特徴がありますので、グループや家族揃っての旅行にも嬉しいですね。

 

年末年始新幹線料金が早割10-15%指定席チケットは前日予約も可!

最後にご紹介するえきねっと限定の割引チケットは「えきねっとトクだ値」です。

早期に申し込む事が必須の割引である「お先にトクだ値スペシャル」「お先にトクだ値」に対し、乗車日の前日まで申し込める事が最大の特徴となっています。

注意が必要なのが、「申し込み当日の午前1時40分まで」となっている事。

深夜ですので、前日の夜中までと認識しておいた方が間違いがないですね。

こちらの割引率は10~15%です。

前日に申し込んでも割引されるチケットがあると言う事は、知っているのと知らないのとでは大きな差がありますよね。

リアルタイムの空席状況を見ながら簡単な操作で申し込みできますので、時間がない時の手配にとても便利です。

希望の座席を選択した後に、備考欄に割引率も表示してくれます。

もうひとつ注意が必要なのが、選択した乗車日がチケット発売開始前(乗車日1ヶ月と1週間前の午前5時30分から乗車日1ヶ月の午前9時54分まで)の場合、自動的に「事前受付」となる事です。

この場合、操作を終了した時点では座席の確保は完了していません。

発売開始日の午前10時00分以降、第1希望から順に座席が手配され、結果はメールで配信されます。

成立した予約より希望順位の低い申込みは自動的に取消となる仕組みです。

事前受付は第3希望まで入力できるのですが、満席などの理由で座席が確保されない場合もあります。

それでも、前日の申し込みであっても割引できる場合があるのは助かりますよね。

頭に入れておけば、急に出張や帰省が必要になった時にお得に予約が取れるかもしれません。

えきねっとトクだ値(乗車券つき)

乗車日1ヶ月前の午前10時00分から乗車日前日(当日の午前1時40分)まで

 

年末年始新幹線2019-20を安い値段で予約するには?jr東日本えきねっと割引がおすすめ?まとめ

JR東日本のえきねっとで、乗車日1ヶ月前から予約できる乗車券付きの割引チケットを3つご紹介しました。

仕事はもちろん、忘年会や新年会などでプライベートの時間も埋まりがちな年末年始は、できるだけサクッと手軽かつ確実に新幹線の手配を済ませたいですよね。

それでもやはり予約するなら値段は安い方がいいですし、座席は確実に確保したいところ。

ご紹介した3つの割引チケットは、できるだけ早くにチェックする事をおすすめします。

割引プラン名 申し込み期間 割引率
お先にトクだ値スペシャル 1ヶ月前-20日前まで 50%
お先にトクだ値 1ヶ月前-13日前まで 35-35%
えきねっとトクだ値 1ヶ月前-前日(当日午前1時40分)まで 10-15%

※お先にトクだ値は2019年12月28日-12月31日「下り」 /2020年1月2日-1月5日「上り」を除く

年末年始は新幹線を利用する人が多く、JRの規定により普段と同じようには安いチケットが使えない時期です。

そんな時こそJR東日本のえきねっとの割引を活用して、お得に帰省や旅行をしませんか?

-新幹線

Copyright© エンタメジャパン , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.