コロナ血液抗体検査の値段いくらでいつから保険適用される?対象者も調査!

新型コロナウイルス

コロナ血液抗体検査の値段いくらでいつから保険適用される?対象者も調査!

コロナウイルス感染の拡大が進む中、特に院内感染を防ぐ切り札として、血液抗体検査に注目が集まっています。

コロナウイルス院内感染を防ぐための血液抗体検査とはどのようなものなのでしょうか。

検査の対象者は誰で、値段がいくらなのかといつから保険が適用されるのか、多くの疑問の声が集まっています。

今回の記事では、コロナの血液抗体検査の値段がいくらで、いつから保険適用されるのかと検査対象者について調査しました。

ここ最近、病院での院内感染のニュースが目立ってきています。

今回登場する血液抗体検査がどのくらい有力な存在になるのか、早速詳しくみていきましょう。

 

コロナ血液抗体検査の値段いくら?


コロナの血液抗体検査にかかる費用は、1検体分当たり2,500円です。

血液抗体検査は、少量の血液採取だけで行えます。

血液抗体検査で抗体があることがわかった人は、仕事や勉強に安心して復帰できるのではないかと期待されているだけに、今後重要な役割を担う検査になります。

参考 日刊ゲンダイデジタル 

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200401-00000017-nkgendai-hlth

 

海外の値段の事例はいくら?


海外の値段を調べてみましたが、情報が見つかりませんでした。

欧州の疾病予防管理センターでは、EUの全加盟国の安全基準をクリアした製品に与えられる「CEマーク」を取得した検査キットが60以上あるとのこと。

参考 日刊ゲンダイデジタル 

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200401-00000017-nkgendai-hlth

詳しい情報が入り次第、こちらに追記していきます。

 

海外で保険適用されてる?


保険適用についても詳細情報は得られませんでした。

ロシアでは、製品は薬局や医療機関で販売される検査キットの開発も進んでいるようです。

このキットでは、健康な人が自宅で自分の血液を少量採取すればマーカー形式で陽性か陰性かの判断ができるというもの。

参考 JBpress https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/60039

このような販売キットが開発されれば、保険適用の問題が関係なく誰もが簡単に検査することができるようになりますね。

 

コロナ血液抗体検査いつから保険適用される?


抗体検査キット実用化に向けて動いている担当者は、厚生労働省の認可がおりれば保険適用の可能性があると話しています。

認可の前に研究目的で販売されるケースもあるようですが、こちらのケースでも時間がかかる見込みです。

検査キットの精度チェックを行うためには、感染患者と健康な人の血液を採取し、陽性と陰性がそれぞれ正しく検出されるかチェックする必要があります。

そのために治療にあたった病院で倫理委員会を開き承認を得流必要があるとのこと。

合わせて、患者の同意書が揃ってから初めてデータとして成立します。

参考 日刊ゲンダイデジタル 

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200401-00000017-nkgendai-hlth

保険適用までの道のりはまだまだ先は長そうです。

 

コロナ血液抗体検査の対象者は誰?


血液抗体検査の対象者は、過去に感染症に罹患した患者です。

過去の事例から、ある感染症に罹患して抗体を持っている人は、数年くらいは人にうつすこともうつされることもない可能性が高いということがわかっています。

この検査を行うことによって、検査を受けた人が既に抗体を持ちっており感染しにくく、他人にうつしにくい体質になっているかどうか知ることができると予測されています。

海外では、アメリカとイタリアですでに実施されています。

アメリカでは、4月10日からカリフォルニア州で行われており、2週間ごとに千人実施。

イタリアでは、二つの州で抗体検査が始まっているとのこと。

まずは2千~3千人の医療従事者に実施した後高齢者施設の従業員や利用者、国民との接触機会が多い職員に対して実施する予定です。

抗体を持つ人が仕事に復帰するためのライセンス発行が目的と語っています。

参考 日刊ゲンダイデジタル 

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200401-00000017-nkgendai-hlth

日本で血液抗体検査が実施されれば、安全に社会復帰をすることが可能になりそうですね。

 

コロナ血液抗体検査ツイッターの反応は?


ツイッター上では、血液抗体検査について以下のような声が上がっています。

なぜ簡単にわかる、血液抗体検査を早く実施しないのですか?陽性の無症状の人が外出して、陰性の人に感染させてしまうことが問題なんですよ。最初から陰性と判れば、安心して外出できるのに。

症状が出ていない人にPCR検査をする意味が分かりません。感染者が10%と多く見積もった時でも、精度70%の検査だと、陽性反応が出た者のうち本当に感染している人の割合は約18%。信用できますかね。

そもそも、国民全員が陽性だから外出するな、と言う仮定の上の判断が間違っていますよ。血液抗体検査をどんどんやっていったらいいのでは。精度がおちる、信頼性が低い、いろいろ言われてますが、やらないよりやったほうがよっぽど対策がとりやすいと思う。

発熱などの症状が出たら、すぐにどこでもできる血液抗体検査を行う方が良いかと思います。その方がまだ安心できる。

血液抗体検査と、PCRキットをすべての国民に実施するべきだ。じゃないとどんどん感染が広がる。まずは医療従事者そして一般人。無症状の人がいる限り、自粛ではなく隔離した方がいい。

血液抗体検査は罹ったことがあるかを見つける検査で、今罹っているかは分からないからな。どうなんだろう。

民間医療機関を検査に利用出来るようにすれば、不足している部分も補えるんじゃないのかな。PCR検査キットや技師が少ないのならば、尚更民間医療機関で、血液抗体検査を出来るような体制を行うべきだと思う。

抗体検査を実施するにも、医療機関の体制をどのように整えていくかという課題がありますね。

 

コロナ血液抗体検査の値段いくらでいつから保険適用される?対象者まとめ


今回の記事では、コロナの血液抗体検査の値段がいくらで、いつから保険適用されるのかと対象者について詳しく調査していきました。

コロナの血液抗体検査対象者は、過去に感染した患者ということですが、これから正常に社会復帰をするための切り札と言える存在になりそうですね。

値段がいくらなのかについては1検体あたり2,500円ということでした。

いつから保険適用されるのかはまだ正確にはわかりません。

今後、1日でも早く政府での動きが進んで導入されるようになると良いのですが・・・。

-新型コロナウイルス

© 2020 エンタメジャパン Powered by AFFINGER5