赤江珠緒アナウンサーコロナ感染の夫は誰?感染経路や症状を時系列で解説!

新型コロナウイルス

赤江珠緒アナの夫は誰で名前や画像は?コロナで報ステコメントや感染経路は?

フリーアナウンサーの赤江珠緒さんが13日、TBSラジオに電話出演し、夫が新型コロナウイルス感染の疑いでPCR検査の結果待ちであると話しました。

赤江珠緒アナウンサーは、夫の職場でコロナウイルスの陽性反応が出た方がおり、夫も週末から体調を崩しました、と話しています。

そこで、気になる赤江珠緒アナの夫が誰で名前や画像は報道されているのか、テレビ朝日の感染経路や症状について調べていきたいと思います。

赤江珠緒アナの夫は、報道ステーションを担当する一般社員として詳細はコメントしていないようですが、誰なのか名前は判明しているのでしょうか。

誰なのか名前が判明すれば、感染経路もわかっていくでしょう!

 

赤江珠緒アナの夫は誰で名前や画像は?

赤江珠緒アナウンサーの夫がコロナ感染の疑いでPCR検査の結果待ちだそうです。

疑いと言っても、夫の職場でコロナウイルス感染の方が出て、夫も発熱や味覚障害の症状が出ている事から、結果も陽性になるのではないかと思いますよね。

一般社員としていますが、夫は誰なのでしょうか。

結婚当時、テレビ朝日のプロデューサーでしたが、現在もテレビ朝日の社員のようですね。

 

夫は報道ステーションのチーフディレクター?

赤江珠緒アナウンサーは、2008年に結婚しています。

夫のことについてはテレビ朝日社員で、報道ステーションのディレクターと話していました。

名前は明かしていませんでしたが、現在は報道ステーションのチーフディレクターをしているので、テレビ朝日社員であることは間違いないと思います。

 

テレビ朝日の濃厚接触者は誰?

テレビ朝日では「報道ステーション」のメインキャスターである富川アナがコロナウイルスに感染しています。

富川アナの他にも、体調不良を訴えているスタッフがいることが判明していて、全スタッフを自宅待機させています。

共演の徳永有美アナウンサーも現在自宅待機になっていますが、もし感染していたとしたら、夫である内村光良にも影響が出ることになってしまうでしょう。

 

赤江珠緒アナの夫コロナウイルス感染経路や症状は?

赤江珠緒アナウンサーは夫の職場で陽性反応の方が出たと話しています。

大変だと話していたら、週末に夫も体調を崩し、朝から熱が出たと言っています。

夜には38.5℃になり、味もおかしい、、と言い出したので、病院に相談したところ肺のCT検査をしていただいたようです。

肺炎症状があるため、PCR検査までしましたが、4日くらいしないと結果がわからないと言われているそうです。

 

赤江珠緒アナ夫の感染経路は?

赤江珠緒アナウンサーの夫は「報道ステーション」のチーフディレクターだそうです。

同番組では、富川悠太アナウンサーがコロナに感染したことから、局内で感染した可能性が高いのではないでしょうか。

テレビ朝日では、グループ会社の女性がすでにコロナ感染をしており、その女性は「報道ステーション」と同じ、本社の4階で勤務していたとのことです。

 

赤江珠緒アナや周囲への影響は?

赤江珠緒アナウンサー自身は、何の症状もなく、変わりなく元気にしているとコメントしています。

症状がなくても家全体で社会生活を止めることにし、感染拡大を防ぐために出演を見合わせています。

2歳になる長女も保育園を休んでいるそうです。

検査へのハードルが高かったり、感染者が批判・差別される空気が広がっていることも気になっている様子でコメントしていました。

 

赤江珠緒アナの夫は誰で名前や画像は?コロナで報ステコメントや感染経路まとめ

赤江珠緒アナウンサーが、ラジオ番組に電話出演して、一般社員である夫がコロナ感染の疑いでPCR検査を受け、現在結果待ちであることを告白しました。

夫が誰なのか名前は出ていませんが、結婚当時「報道ステーション」ディレクターをしていて、現在はチーフディレクターをしているようです。

「報道ステーション」といえば、有名アナがコロナウイルスに感染していることが判明しており、感染経路が重なってくるのではないでしょうか。

夫はその後週末より体調を崩し、症状があらわれたことで病院に相談し、CT検査から肺炎が確認されたそうです。

赤江珠緒アナウンサー自身は、症状は出ていないとのことですが、自宅待機として出演は見合わせています。

コロナウイルス感染の夫が誰なのか名前は出ていませんが、報道ステーションに関連していることから、感染経路はテレビ朝日の局内なのではないかと、心配が広がるばかりです。

-新型コロナウイルス

© 2020 動画ジャパン Powered by AFFINGER5